肥料の選び方

肥料は、昔から農業生産高を上げるために使用されてきました。 土壌の質を向上させ、足りない栄養素を補うために使用されます。肥料には、無機肥料と有機肥料があります。 主に農業、園芸、林業、ガーデニングに使用されます。 このガイドでは、肥料選びに必要な肥料の成分、機能などについて説明しています。ぜひ肥料選びにお役立てください。

 

肥料を見る

  • 肥料の種類には何があるか?

    植物が育つためには、光、水、基質、栄養の4つの要素が必要です。 土壌に栄養が不足している場合は、肥料で補う必要があります。 肥料には3種類あるい、その中から直物に合ったものを選ぶことが大切です。

    • 有機肥料: 動物(角、血液、糞尿など)や植物(藻類など)を原料とする肥料です。 ミネラル肥料は植物に吸収されますが、有機肥料は吸収されません。 分解速度が遅いので、数か月かけて少しずつ植物に栄養を与えます。 ゆっくりとした経過をたどることで、過剰摂取の危険性を大幅に排除することができます。
    • 無機肥料: 無機肥料は、自然にあるいろいろな鉱物などを分解して作る、自然鉱物質の肥料です。 しかし、無機肥料の多くは化学的に生産されたものです。そのため化学肥料とも呼ばれています。 このタイプの肥料には、主成分である窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)が含まれています。 配分量によって、窒素、リン、カリウムの濃度が高くなったり低くなったりするため、植物により使い分けることができます。
    • 有機-鉱物肥料: 無機肥料に生物由来の成分を25%以上混合した肥料です。
    ACRECIO社製無機肥料

    ACRECIO社製無機肥料

  • 効き目の早い肥料と遅い肥料のどちらが必要か?

    • 有機肥料: 窒素が植物に吸収される前に、土壌中で分解される必要があるため、効果が出るのが遅いです。 分解は、肥料に含まれる原料や、十分な地温を必要とする土壌の微生物活性で行われます。 そのため、有機肥料は冷たい土壌では効果がありません。
      また、有機肥料は無機肥料に比べて栄養分の濃度が低いため、3~4倍の量が必要になります。
    • 無機肥料は、2種類に分けられます。 1つ目は、速効性無機肥料で、植物にすぐに吸収されるため、効果が出るのが早いです。 このタイプの肥料の欠点は、慎重に利用しなければならないという点です。過剰に与えると生育が乱れる可能性があります。 2つ目は、緩効性無機肥料です。 自然の土に似せた、栄養分を分解した肥料です。 季節や地温に関係なく、栄養分が時間とともにゆっくりと吸収されていきます。
    Bioenergy LT,UAB社製肥料

    Bioenergy LT,UAB社製肥料

  • 肥料に含まれる各成分の働きとは?

    窒素(N)は、主に光合成の質を向上させ、茎や葉を成長させるために使用されます。 しかし、環境への影響を考慮し、収穫時に必要最低限の窒素しか土中に残さないよう、できるだけ使用量を減らすことを目的としています。 また、窒素を与え過ぎると、アブラムシの過剰発生を招き、植物の生育のバランスを崩すことがあります。

    リン(P)は植物において、エネルギーの貯蔵や細胞の発達に不可欠な役割を担っています。 リン酸肥料は、花や実つきをよくします。 また、リンは根系の形成と茎の発達を向上させるために不可欠です。

    カリウム (K)は、植物の生育を良くし、特に病気や寄生虫、霜や乾燥に対する抵抗力を高めます。

  • 肥料袋の数値(ラベル)はどう読むか?

    肥料に種類があるように、ラベル名の書き方もさまざまです。 ラベル名には、比率(例:20-10-20)、栄養素(例:硝酸カルシウム)、または肥料の機能的用途(例:低光量用)のいずれかが記載されています。

    比率が書かれている場合、3つの数字は太字でダッシュで区切られます。 数字はそれぞれ、全窒素、リン酸(P2O5)、カリウム(K2O)の割合を表しています。

    例えば、20-10-20という肥料は、窒素が20%、リン酸が10%、カリが20%の割合で含まれています。

    また、ラベルには、水のアルカリ度(低、中、、高)が記載されている場合があります。

    Suståne Natural Fertilizer社製有機肥料

    Suståne Natural Fertilizer社製有機肥料

  • 季節に合った肥料をどう選ぶか?

    • 秋や冬に植える場合は、効果が出るのに時間がかかる有機肥料を使用しましょう。
    • 植え付け時: 植物が順調に育つように、窒素とリンを多く含む肥料を選択しましょう。 有機肥料には、生育を促す血粉や、良質な堆肥、よく発酵した肥料を選ぶと良いでしょう。 無機肥料には、緩効性肥料を選ぶとよいでしょう。
    • 植物の成長期(春から夏にかけて)には、速効性肥料を優先的に使用します。
    OCP社製無機肥料

    OCP社製無機肥料

  • 各植物に合った肥料をどう選ぶか?

    使用する肥料は、植物の種類により異なります。 ここでは、多年草、芝生、鉢植えの3種類に使用する肥料について説明します。

    多年草には、たくさん花を咲かせるためのリン酸が必要なので、魚の骨粉や骨粉、グアノなどを使用したリン酸の多い肥料を選びます。 春先にリン酸を与えると花つきがよくなり、夏にはさらに美しい花を咲かせます。 秋に追加でリン酸を与えると、より効果的です。

    は、他の葉物植物と同様に根をよく張るために、常に窒素が必要ですが、種をまいた後はリン酸も必要になります。 刈り取ったばかりの芝生は、一定量の栄養分が失われているので、再度施肥する必要があります。

    鉢植えは、限られた土に植えるため、すぐに栄養がなくなってしまうので、適した肥料を定期的に与える必要があります。 ゼラニウムなどの花をベランダで育てる場合は、リン酸と特にカリウムを多く含む肥料が必要です。 鉢植えの花が咲く低木は、リン酸とカリウムのバランスがより良い肥料が必要です。

関連したガイド
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。